読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ言論であってもテロはテロだと言いたいのだろうか(その逆も言えるだろうけど)

 朝日新聞は言論テロである。こうした内容を述べた意見に、自由民主党安倍晋三首相が同意を示した。フェイスブックに載せられた意見だったので、それにたいして、いいねのボタンを押したのだという。ボタンを押したくらいのことだから、ささいなことであるかもしれない。そのうえで、この意見にたいしていいねのボタンを押したことについては、よくないねとすることもできそうだ。

 そもそも言論テロとはいったい何なのだろうかという気がした。テロというのは公にたいする犯罪をさすものだろう。そして、テロなのかどうかを決めるのは、決める人しだいであるところもある。決める人の思想みたいなのが反映されてくるところがあるわけだ。

 朝日新聞のやっている(やってきた)ことにたいして、少なからぬ不満をもっている人であれば、言論テロと決めつけてしまうのもわからないでもない。しかしそれは、ともすると印象操作にあたりはしないだろうか。ほんとうに言論テロだとして受けとれるところも、人によってはあるかもしれない。しかし、そうして受けとるときの受けとりかたが、必ずしも正しいとはかぎらず、もしかしたら間違っているかもしれない。まったく疑いを入れず、まったく誤らず、とは言い切れないだろう。朝日新聞も誤るだろうが、朝日新聞を見る側もまた誤ることがある。

 まず、朝日新聞を見てみるさいに、動機の点と、結果の点を分けることもいるだろう。結果が悪ければもちろん問題ではあるが、もしかりに動機がよいのだとすれば、そこを部分的に肯定することもできる。肯定するとはいっても、動機がよかったのだから結果が悪くても見逃すべきだ、というのだとちょっとまずい。そのうえで、すべてが悪いとかすべてがよいとするのだと極端になることはたしかである。悪い点をただちに一般化するのだと、一斑を見て全豹を卜(ぼく)すとなる。くわえて、よい点を限定化または無化してしまう。

 テロと一と口に言っても、たとえば明治維新もまた当時の公にたいするテロだという一面もありそうだ。テロリストというと、人相が悪いような悪者が思い浮かべられてくるが、必ずしもそうとばかりは言えそうにない。テロリストは公にたいする犯罪者であるが、それと同時に自由の闘士でもあると言われる。そうした両価的な面をもつ。

 いまいる公にたいして、障害となるような、邪魔をしてくるものがいるとすれば、それを取り除きたいとする気持ちが生じる。そうしてものごとをおし進める速度を速めてゆく。こうした加速度のありかたは、帝国主義によるものでもある。そうはいっても、ものごとが遅々として進まないのであれば、いらだちを禁じえないところもある。いらだちを禁じえないのはたしかであるが、できるだけ避けるべきであるのは、帝国主義的な強引なものごとの進めかたであるということができるだろう。

 朝日新聞が勝つか、それともアンチ朝日新聞の側が勝つか、といったことにならないようにできればさいわいだ。そうした争いはあまり生産的なものではなさそうである。あまり偉そうな立場に立てる分際ではないのはあるのだけど、社会のなかで、いまある公の中心に協力的でない人たちがいるのはごく自然なことである。とくに不自然なことではない。なので、協力的でないものをテロだとして印象づけてしまわないようなゆとりが持てればよさそうだ。

 先の戦争においては、国益を疑わないで、情報をそのまま垂れ流してしまったのが報道機関であり、それによってかえってたいへんな損失と被害をこうむった。これは一つには、国益を疑わないで、情報をそのまま垂れ流さざるをえなかった上からの強い圧力もあったのだろう。こうした失敗をふたたびくり返してしまわないように努めることもいりそうだ。

 思想家の吉本隆明氏は、共同幻想と自己幻想は逆立する、と言っているそうだ。国益というのはどちらかというと共同幻想に当てはまるものである。これを優先させてしまうと、自己幻想である私がないがしろになってしまいかねない。気をつけるべきは、共同幻想の肥大化にあるという指摘はなりたちそうだ。そこへの欲望には歯止めをかけることが期待できない。とめどないものである。どちらかといえば、自己幻想である私のほうこそを膨らませられたほうがよいだろう。

広告を非表示にする

安定を乱す者は、実体(対象化)としてだけでなく、関係としても見ることができる

 多少のえん罪の害があったとしても、それをはるかに上まわる利点がある。共謀罪の法案について、このような意見も言われている。しかしこれは、えん罪の害を過小視しているのではないだろうか。えん罪の害をこうむるのは弱者なわけだから、弱者をできるかぎり尊重するのであれば、その害を過小と見なすことはないほうがよい。

 治安が極端におびやかされているのであれば、できるかぎりすみやかに対策がとられることもいるかもしれない。しかし、はたしてそのようなさし迫った状況にあるのだろうか。もしそうしたさし迫った状況にないのであれば、急いで対策を打つことはいらないのもたしかだ。何も手を打たないよりは、少しでも手を打ったほうがいくらかましだ、という論は成り立ちづらい。

 テロを防ぐだとかいうのは、大きな言葉である。そうであるから、その大きな言葉である点について疑問をもつこともできる。テロを防ぐという名目によって、公にたいする犯罪をとりしまるわけだけど、肝心の公の中心にいる人たちがまちがうこともある。公の中心が守られて、私のなかの特定の者が不当に抑圧されたり差別されたりするのだとやっかいだ。これは構造的暴力と言ってさしつかえない。

 社会の危機だとか、経済(格差)の危機だとかがあって、それが解決されないままになってしまっている。その解決がないままに、代わりになにか特定の者を悪玉と化すことによって、秩序を保とうとする動きもありえる。これだと、本質的な解決にはならないのではないか。秩序が乱れてしまうおそれがあるのは、その根底に社会や経済(格差)の危機があるのだとすれば、そこにたいする直接の手を打つことがいる。いっけんすると迂路ではあるけど、まわりまわって治安の安定にもつながりそうだ。

 手を打つと言ったって、抽象的な机上の空論を述べても意味がなく、具体的なことを言うべきだとの指摘を受けるかもしれない。それについては、実現はややむずかしいかもしれないが、日ごろ社会の中心にはいず、周縁に追いやられてしまっている弱者などにたいして、大きな贈与をすることで歓待(おもてなし)するのはどうだろうか。これはふつうの市場経済の文脈にはよらないものである。

 いまは、自民族中心的な、何々ファーストというのが時流になっているから、それに逆行してしまうところはあるけど、中心にいるのではなくて、周縁または境界(辺境)におかれている弱者の人などをとりわけ優遇または厚遇するというのもひとつの有力な手である。これによって、一部にたいする冷遇が改められて、社会全体が活性化するという効果ものぞめる。この歓待(おもてなし)をするためには、日ごろ内にいだいている常識を相対化しないことにはできないことではありそうだけど。

広告を非表示にする

憲法とあんパンを比べることは妥当なのだろうか

 憲法はたんなる紙の上に書かれた文字にすぎない。しかしあんパンはお腹を満たしてくれる。飢えをしのぐこともできる。なので、お金を出してあんパンを買うことのほうが意義があるのではないか。このような内容のツイートがあって、このツイートをした人は所属する会社から厳重注意を受けたという。この注意は、ほかの意見にかんしても含まれていたそうである。

 憲法とあんパンを比べるのは、花より団子みたいなものでもあるだろうか。空腹を満たしてくれるという点ではあんパンに利点があることはまちがいがない。そうはいっても、そもそも憲法とあんパンは比較するのに適しているものなのかというのが疑問である。なにか共通したところや、似ているところがあれば、比べるのにも意味があるだろうが、そうでないのなら比べても意味があまりなさそうだ。比べるさいのものさしが適したものでないと納得がゆきづらい。

 憲法には憲法の効用があり、あんパンにはあんパンの効用がある。このように見なしたらよいのかもしれない。それぞれに質感(クオリア)があるわけである。あんパンはたしかに空腹を満たしてくれるわけだけど、満腹のときにあんパンをさし出されてもそれほど価値はない。連日にわたって毎食あんパンが食卓にのぼることになれば、うんざりしてしまうのではないか。限界効用逓減の法則がはたらく。

 あんパンは食用の作物からできているものであるわけだけど、憲法もまた一つの作物だといえるかもしれない。作物というとちょっと言いかたとしておかしいところがあるが、作られたものなわけだから、一つの労作(クラフト)みたいなものではあるだろう。当時の人が少なくはない労と情熱をこめて作ったものである。

 マルクス主義においては、あらゆる物は歴史における闘争の産物であるとされるそうだ。歴史の文脈において闘争が見いだせる。あんパンについてであれば、それは自然との闘争によってつくられている。闘争というとちょっと変ではあるが、自然を否定(変形)しているわけである。いまの憲法においては、明治憲法が否定されてできあがっていると言えるだろう。のりこえられている。それによってよいものになったわけだけど、すべての人がそう思うのではなくて、なかには明治憲法のほうがよいと見なす人もいるかもしれないから、決めつけてしまうとひんしゅくを買うかもしれない。

広告を非表示にする

景気のよいことを言うことと、景気のよくないことを言わないこと

 経済がよくなり、景気が回復する。いろんな指標や率にもそれが出ている。失業率などがのきなみ低くなったりするのは成果だろう。それはそれでよいとは思うのだけど、それをもってしてこと足れりとしてよいものだろうか。

 成果が出るのは一つの充実である。それを光であるとすると、光に照らされていない影みたいなのもある。そうした影があたかも無いことのようにされてしまうのはいかがなものだろうか。表向きは充実した成果が出ているかもしれないが、その裏にはどこかに暗い影があり、空虚さがあると見ることができる。

 いたずらに成果が出たことを否定するのはいらないかもしれない。そのうえで、そうして成果が出たことを前景化してしまうと、ほかの何かが後景にしりぞく。そうした面はあるだろう。その後景にしりぞいた何かを前景にもってゆくことはいる。図がらと地づらを固定させずに交代させないとならない。

 表向きには成果が出たのだとしても、それで話が終わるとはいいがたい。まだまだ成果がおよんでいないところについては、これから先に改善されることがのぞめる。そうした未来に期待をたくす見かたもとることができそうだ。しかしそうした見かたとは別に、表向きにおける成果というのは、裏面での不成果の存在みたいなのを産出する。その不成果の産出は潜在している。それを潜在させたままにするのだと、抑圧してしまうことになるから、表在させることがいるだろう。

 暗い影とか空虚さというのは、ことさらに見ようとしさえしなければ見なくてもすむ。なぜなら目立たないからである。しかし、目立たないから重要ではないとは言い切れない。一見するととるに足りないように思えることであっても、それが要みたいになっていることもなくはない。そうしたわけで、率先して影とか虚ろなところを見つけ出して、明るみにしてゆくことがいりそうだ。歓迎はされづらいだろうけど。

広告を非表示にする

狂っていることの連続性と離散性

 狂気であるかそうでないかは、けっきょくは数の問題にすぎない。批評家の小林秀雄氏はそのようなことを言っていたという。この指摘を、政党支持率に当てはめることもできそうだ。ある政党の支持率が高く、それとは別の政党の支持率が低い。そういう結果が出ていたとする。そのさい、支持率の高い政党が正気で、支持率の低い正当が正気でない、ということは必ずしも言えそうにはない。

 支持率の高い政党がもし狂気におちいっているとすれば、それにたいして抑えをきかせるのはひどく難しくなってきてしまいそうだ。支持率の低い政党が止めに入ったとしても、全体から見てあまり支持されてはいないわけだから、たいした歯止めにはなれそうにない。

 狂気かそうでないかというのは、おそらく質の問題だと思うんだけど、それを判断するのに数をもってして裏づけることはできないのではないか。支持率が高くても(高いからこそ)狂っていることがありえるし、また逆に支持率が低くても(低いからこそ)まともだということもありえる。

 常識からすれば、支持率が低いよりかは、高いほうが少なくともましである。そういうふうに言えるではないか。このような意見もあるかもしれない。たしかに、低いよりも高いほうがましだという見かたはできそうだ。そのうえで、ましというのを、まともだというふうに言い換えてしまうことははたしてできるだろうか。

 支持率の高いか低いかというのは、一つの現象である。その現象の結果をもってして、数字が低いから劣っているだとか、高いから優れているだとかいう主張をするのであれば、その主張にはいささか首を傾げざるをえない。というのも、支持率の高いか低いかから、いろんなことを演繹してしまいかねないからだ。

 演繹による主張になってしまうと、すでに答えが決まってしまっているから、有無を言わせないみたいになってくる。これだと、議論にはなりづらいだろう。弁証法でいうと、正(テーゼ)からすかさず合にいたるといったあんばいだ。これでは、急進的すぎるのでまずい。正にたいする反(アンチ・テーゼ)が欠けないようにすることがいる。そうでないと、立憲主義を放棄することになってしまう。他者からの触発や対話(ダイアローグ)の構造は、立憲主義の必要条件であるとされる。その条件を無視してしまえば、独話(モノローグ)の構造におちいってしまう。

 なるべく、先見をとり外して見ることができたらよい。あいつらはあまり支持されていないから、軽んじてしまってもよいだとか、軽く見なしてもよい、としてしまうと、そこに先見が強くはたらいている。そうした先見をとり払うことによって、対等なかかわり合いとなる。現実にはそうするのはむずかしいだろうけど、先見とは属性でもあるので、属性から見てしまう弊害をうまくすればなくせるだろう。

 ただ反対の声を上げるだけで、有効かつ具体的な提案を何もしていないではないか。そんなことでは多くの人からの支持が得られなくても当たり前だ。そうした指摘も投げかけられるかもしれない。この指摘はたしかに当たっているところがあるとは思うけど、こうも言い換えられるのではないか。すなわち、義務を果たしていない者が、いたずらに権利だけを言うのはけしからん。

 義務と権利が等価になってはじめて、権利をいう資格が生じる。こうした見かたは、等価の原則によるわけだが、この原則は平等を保証しないこともたしかである。平等であるためには、等価の原則をとり外して、有用性から見なければならない。有用性においては、義務なき権利がありえる。なぜなら、それは贈与によるからである。自然的権利においては、抵抗や反抗することはあってよいものとされる。それは支配や抑圧や(行きすぎた)搾取といったのぞましくないありようへの反発であり抗議である。

広告を非表示にする

想像していたのとはちがうことの両面

 想像していたのとはちがう。そういうことがあってもよいのかもしれないという気がした。想像していたのとちがっていれば、そこでちょっとした驚きみたいなのがおきる。認識を変化させることができる。よい意味で想像が裏切られることにもなるわけだ。差異がおきる。しかし、想像していた通りであれば、そういうことはおきづらい。

 やや大げさではあるかもしれないが、想像していたのとちがうことで、至高性がおきることがありえる。至高的な瞬間が立ち現われることになる。もっとも、それは経済の合理による回路から外れてしまうことも意味する。なので、たとえばお店で注文した商品が、見本とまったくちがう実物として手元に届けば、不愉快であるだけとなる。そこで怒らずに、まあいいかと許せるような人はほとんどいないだろう(商品の額にもよるだろうけど)。

 想像していたのとじっさいのものとが同じなのであれば、やっぱり想像していた通りだ、という喜びがあるかもしれない。期待が満たされるので、そこには多少の快感がありえる。しかし、自明性や同一性の殻を破ることはできづらそうだ。その殻が破れるところの驚きによる快感は得られそうにはない。合理性は守られるわけだが、それからさらに高次のところには至りづらいだろう。

広告を非表示にする

効率的な運行と、効率的な取り締まりの弊害

 電車や駅においての秩序はむずかしいところがある。そのように感じた。電車や駅で、女性が痴漢の被害にあう。そのさい、黙って泣き寝入りすることで秩序が保たれるのはおかしい。被害を受けたことを訴えられるようであってしかるべきである。もっとも、そのような手間を被害者にかけさせるのではなく、はじめから被害を受けないですむのが一番のぞましいことではあるだろう。

 痴漢という現象がおきたとして、それが主張される。その主張のされかたにやっかいさがある。というのも、痴漢をするのはおおむね男性であるわけだけど、その男性は濡れ衣を着せられてしまうおそれがある。なので、主張されたことについては、ぴったりと現象と一致しているとはしないで、区別して見たほうがよいのではないか。

 女性だけではなく、男性のほうにも可傷性(バルネラビリティ)があるのがやっかいだ。ここが無視できないところとなってきている。痴漢をしたことを疑われて、駅から逃走して電車にはねられて死亡してしまったとの報道もされている。もしかりに、じっさいに痴漢をしたのだと想定しても、罪にたいする罰があまりにも不つり合いであるのはまちがいない。

 そもそも、不特定多数の人がいる電車や駅という環境で、痴漢をしたことを疑われる状況が、心理的に厳しいものである。周りに人がいるなかで、そのような目で見られることはけっこうきついことではないかという気がする。こうしたときに何がおきているのかというと、だし抜けに自分が負の存在に変身してしまうことになる。これは偶然の荒々しいできごとだ。

 痴漢をやってしまい、それが明るみになれば、失うものが大きい。であるからこそ、痴漢をやらないようにというふうに自分を戒めることにもつながり、抑えるようにもなるかもしれない。はじめからそうしたことをやるつもりがまったくない人も少なくないだろう。失うものが何もないのだと問題があるが、罪と罰のつり合いの点で、そのつり合いがとれているかどうかをふまえることもいりそうだ。ここのさじ加減はむずかしい。罪がないのに罰だけ受ける危険性もあるわけだから、そこについては事前の配慮や慎重さがもっとあってもよいはずだ。それにくわえて、被害者の救済もされなくてはならない。

広告を非表示にする

民意を正しく代弁するとしても、あくまでも代弁であり、生の声ではない

 大手報道機関は、民意を正しくとらえていない。曲げてしまっている。このことは、大手報道機関だけにかぎられない。たとえば野党や知識人(インテリ)にもそれが言える。そうした批判を投げかけることができる。

 大手報道機関が民意を正しくとらえていず、曲げてしまっているのには、つくりごとであるのが関わっていそうだ。あるがままではなく、つくりごとになってしまっている。こうした点において、そもそもつくりごととはいっても、それは程度問題にすぎないというのがありそうだ。多かれ少なかれ何ごともつくりごとであるということができる。

 大きく見てみれば、何ごともたいていはつくりごとの範ちゅうの中に入れてしまうことができる。その範ちゅうの中での価値のちがいにすぎない。そうしたことが言えるのではないだろうか。距離のちがいということもできるだろう。どのみち、ぴったりと距離がくっついているのではなく、わずかであるにせよ距離は離れている。その離れている間隔のちがいがある。

 何かがつくりごとであるとして批判するのは、それが当たっているところもある。しかし、そのさい、反作用というかたちで、自分の側もまたつくりごとであることを隠ぺいしてしまう。そうしたことがおきてくる。なので、その反作用の面に目を向けることもできるのではないか。そうすることで、隠ぺいされたり抹消されていることを明るみに出すことができる。

 生の声を聞くことができればよいわけだけど、それは現実にはむずかしい。生の声を伝えたり受けとったりするのには、何かに媒介されていないとならないからである。何かに媒介されているというのは、媒介に乗っていることをあらわす。媒介に乗ってしまっている時点で、すでに生の声ではない。そこに困難がありそうだ。われわれには、生の声ではなく、せいぜいがその痕跡しか知りようがないのだろう。厳密にいうと、生の声は誰にも表現することができないし、到達もできそうにない。

広告を非表示にする

課された要求を平然と無視できるほど、神経が太い人ばかりではない

 学校の先生の過労死は、ほんとうにあるのか。大人なんだから、きつくなれば自分の判断で休むなり何なりできる。働きすぎよりもむしろ、さぼりすぎるようになるほうがまずい。元自衛隊航空幕僚長田母神俊雄氏がこのような意見のツイートをしていたのを見かけた。テレビで先生の過労死について特集をしていたのを見ての感想のようだ。

 いま日本には、国際労働機関(ILO)の事務局長が来ているそうだ。そのガイ・ライダー氏に言わせると、日本の過労死(カローシ)の語は悪い意味で世界にまで広まっているという。かつては日本人は仕事中毒(ワーカホリック)なんていうふうにも揶揄されていたという。そうしたありかたを改めることはいるだろう。なにもわざわざ、ILO の事務局長が来日しているときに、過労の害を軽視することを言わないでもよいのになあ、という気がしてしまった。

 過労については、単純に、ひどく疲れたから、少し休んで何とかなる、といった気楽な話とはいえそうにない。鍛えれば強くなるものでもなさそうだ。くわえて、精神論で気合いを入れればどうにかなるといったこととも言いがたい。ひとつには、一人の労働者に負担が行きすぎてしまうことのやっかいさが挙げられる。

 一人の労働者に負担がゆきすぎてしまうのは、要求(リクエスト)がそこに集中してしまうことによる。これは、人手不足なんかによっておこってしまうものだろう。一人の人間がいくら有能であったとしても、さばくことができる要求の量は、その数が知れている(限度がある)と見なければならない。非人間的な要求を押しつけられてしまえば、その圧に耐えきれなくなって爆発してしまうこともおきてしまう。

 自分でさばききれるくらいの量であれば問題はない。しかし、適切な量を超えてしまうようであれば、共有地の悲劇がおきかねないから、そこに気をつけることはいるだろう。この悲劇によって不幸にも犠牲となってしまった人はけっして少なくはない。こうした人は、まったくの無実であり、社会によって他殺されたと見なければならない。このようなことはできるだけおきないようにすることがいる。そのためにも、これ以上はいくら何でも非人間的だといったような、労働時間の量の規制というのはあったほうがよさそうだ。すべての人が超人的なわけではないだろうから。

 生活の糧を得るために働くことがいる。そうした面はあるわけだけど、それ以上の意味あいを付け加えて、なにか美談のようにしてしまうようだと支障がなくもない。労働が文化価値をもってしまう。労働は自由につながるとは、ナチズムがかつて掲げた標語だった。しかし現実にはそうであるとは言いがたい。すくなくとも、資本主義による蓄積再生産にうまくそぐうようなものであるようだと、そこに本当の豊かさがあるとはいえないだろう。資本主義では、質がないがしろになり、計算可能な量が重んじられるきらいがある。

広告を非表示にする

そもそもについての政府による閣議決定を勝手に忖度してみる

 そもそもには、どのような意味があるか。これについて国会でやりとりされている。この議論自体がくだらないとする見かたもされている。たしかにくだらないところがあるかもしれない。それは否定できないところだろう。枝葉ではなく幹についてを論じ合うべきだというのは正しそうだ。

 そもそもには、ことの発端という意味もあるわけだけど、なぜそもそもの語が国会でとりざたされたのかというと、次の答弁においてがきっかけであるようだ。オウム真理教は、そもそも罪を犯すことを目的とする集団に当たるかどうか。この答弁の中のそもそもを基本的にの意味で説明した。説明したのは、自由民主党安倍晋三首相である。辞書にもそのように載っていると安倍首相は主張した。

 政府は閣議決定までして、そもそもには基本的にの意味があるということにしてしまった。なんで閣議決定までしたのかというと、共謀罪の法案をどうしても通したいからだろう。そこで、政府の閣議決定をもうちょっとちがった角度からも少しつっこんで見てみることができそうである。

 角度を少しずらしてみると、このように言えそうだ。政府としては、そもそもの語に、基本的にの意味があるのでなければならない。(法案を通すために)どうしてもそうでないと困るのだ。そうあるのでなければならないというのは、あるべきだということである。あるべきだというのは、そうした価値意識をもっていることをあらわす。つまり、価値から事実を導いている。

 価値から事実を導くのがまったくもってだめだとは言えない。しかし、もしそうするのであれば、せめてほかの在野の識者(言語の専門家など)なんかから広く意見を聞くのがのぞましい。そうした過程を踏むのがあってもよい。それを抜きにしてしまうようだと、まちがった価値からまちがった事実が導かれかねない。

 そもそもの語はどだいとも言い換えられ、どだいは土台だから、基本的にという意味が言えるのだ、と政府はしているようだ。このどだいは、辞書にはひらがなで書かれているようだから、漢字の土台とはちがうとも指摘されている。どだいを土台とするのはうっかりして見まちがえたというより、意図的な力づくの理屈づけみたいなものだろうか。

 そもそもはどだいであり、どだいは土台である。その土台から基本的にの意味があらわせる。こうした見なしかたは、何となく連想ゲームのような気がしてくることもたしかだ。連想ゲームとして見てみれば、よくできました、と言えないこともないだろうが、それとは別に、論理としてきちんと通るかどうかといった点もないがしろにはできそうにない。そこが肝心なところだろう。

 そもそもの意味にこだわるのは、それ自体がくだらないことだとも言える。しかし、もしかりにくだらないことであるのなら、そもそもの使いかたがまちがっていたことをすんなりと認められるはずだ。そうしてすんなりと認められず、いささか強引ともいえる弁解をしてしまっているのは、くだらないことではないことを示していはしないだろうか。なので、そもそもの使いかたについてこだわって批判なんかを投げかけることについて、いちおう意義はあるのかなという気はする。言葉の上っ面だけをあげつらってもしかたがないかもしれないけど。

広告を非表示にする