永続して敗戦しているとする説が言われている(先の戦争の最中と、それに負けてからもずっと、無責任な体制が引きつづいてしまっていると見られる)

 先の戦争に負けてから、数十年の時間が経っている。それなりの時間が経っているので、先の戦争においての周辺の国にたいする日本の責任を引きつづきもつことは見直すことがいる。周辺の国にこれからも謝りつづけることは必ずしもいらないのだという。テレビ番組に出ているタレントの人はそう言っていた。

 たしかに、先の戦争に日本が負けてから数十年の時間が経っていて、それはそれなりの年月が経っているとすることができる。しかし、たんに時間がそれなりに経ったからということで、果たすことがいる責任を果たさなくてもよいことになるのかというと、そうとは言えないところがある。

 先の戦争について、日本はしっかりと責任を引き受けて、それを果たしたのかというと、そうとは言えないのがある。うやむやにしてきてしまったのがある。あいまいである。戦中(戦争)や戦後をきちんと客観として公的に定義していないし、しようともしていない。それが原因にあり、そこからの結果として、いまだに先の戦争における日本の責任が、周辺の国などから問われつづけているのではないだろうか。名目としてはそれなりの年月が経ったのはあるが、そこから差し引くことがいる。

 一九九〇年ごろから、先の戦争で日本が韓国などの周辺の国に不当な性の被害をもたらしていたとの声があがってきたという。従軍慰安婦についての問題である。これは、先の戦争に負けた時点からではなく、一九九〇年代に声があげられはじめたのだから、そこから年月を換算することができる。そうすると、まだ二〇から三〇数年しか経っていない。まだはじまったばかりだというふうに見なすことができる。この見かたが絶対に正しいということはないのはあるが、先の戦争に日本が負けてから経った年数は、圧縮することができて、縮めてとらえる見かたが一つには成り立つ。

広告を非表示にする

権力者は、自分たちの名誉ばかり気にかけていて、人々にたいする温かい目がないのが、酒飲んでワァーという赤坂自民亭のあり方にあらわれているようだ(うがった見かたではあるかもしれない)

 自由民主党は、赤坂自民亭ということで、酒食をともにする会合をしていた。気象庁が西日本に豪雨のおそれがあるとして警戒を呼びかけていたさなかのことだった。それにたいして非難が投げかけられているのがある。

 赤坂自民亭をしていたのは、豪雨の警戒が呼びかけられていたさなかのことだったので、それを行なったことの適否が問題となっている。それとともに、赤坂自民亭は、それと関わることがらや、それ以外のことを象徴してもいそうだ。

 その中には、社会的良心との関わりがあげられる。これは儒教でいわれる仁になぞらえられるものである。赤坂自民亭には、首相をはじめとする政権与党の大臣などが出ていたが、それらの人たちに、十分に社会的良心があったのかといえば、欠けていたのだと見なすことができる。なぜ欠けているのかといえば、新自由主義であるせいなのが一つにはあるのではないだろうか。

 新自由主義では、個人が失敗したとしても、それを自己責任として片づけてしまいやすい。失敗してつまずいた人への温かみはそれほど持たれない。そのため、社会的良心が欠けてしまいやすい。失敗してつまずいている人(たち)が苦しんでいる中で、それはそれとして割り切って、(重要な役職についている)与党の政治家は平気で楽しむことができる。

 失敗してつまずいている人たちにたいして、いついかなるさいにも温かい目を注いで、自分たちはまったく楽しむべきではない、というのは行きすぎかもしれない。それにくわえて、同情を注ぐということであれば、偽善につながりかねないのがある。精神論になってしまうところもある。

 行きすぎや偽善や精神論になりかねないのはあるが、そのいっぽうで、いま社会の中に足りていないのは、社会的良心であるのはたしかだろう。それが与党の政治家の、とりわけ重要な役職についている人たちに十分に足りているとは見なしづらい。社会的良心を、権力者である上の者がもっていないために、社会の中がひどくぎすぎすしてしまっている。息ぐるしさがある。生きてゆきづらさがある。しわ寄せは社会的な弱者に不当に行ってしまっている。社会の中で、尊厳が不平等に分配されているのである。

広告を非表示にする

言葉のストライクゾーンの問題がある

 与党の政治家が発することがある。その発言は伝達情報であり、これを一つの球と見ることができる。この球を甘めに見のがしてしまうのが、首相をはじめとする与党の政治家をなにかと擁護する人たちだとできる。

 首相をはじめとする与党の政治家は、伝達情報という球を、おかしな形で用いることがしばしばある。それを見のがしてしまうのは、擁護することであり、ボール球でもストライクとしてしまう審判のようなものであるだろう。

 言葉のストライクゾーンがあるというのは、文学者の丸谷才一氏によるものである。それは為政者の発言にも当てはめることができるものだろう。一般の多くの有権者とだいたい同じようなストライクゾーンであればよいが、それを裏切るようにしてしまっているのが首相をはじめとする与党の政治家には目だつ。

 首相をはじめとする与党の政治家は、伝達情報という球を投げてくるわけだが、それを分析としてとらえることが、とりわけ大手の報道機関にはあってほしいものだ。そうでないと、戦前や戦時中の大本営発表のようになってしまう。雨だれのような報じかたになる。これだと国民の益になるとは必ずしも言えないものになる。

 為政者による伝達情報の球を、うかつに受け入れてはならないのは、独自の自己流で用いていることがあるからである。たとえば、首相は森◯学園や加◯学園のことについて、うみを出し切ると言っていたが、じっさいにはそれをほとんどまったく行なってはいない。うみというのを一つの球と見ることができるとすると、その球を独自の自己流で勝手に用いているのである。このうみという伝達情報の球は、まちがいなくボールであるが、首相を擁護するのであれば、それをストライクと見なすことになるだろう。

 伝達情報の球が投げられて、それがしっかりと批判や分析でとらえられているのならよいが、そうではないのならまずいことである。大手の報道機関で、公共放送の N◯K なんかは、ほんとうは審判としてきちんと批判や分析をしなければならないはずだが、それがかなり不十分であり、はっきりといってざるになってしまっているのだと言わざるをえない。ボールでもストライクにしてしまっている。

 ボールをストライクにしてしまうのを改めるには、首相をはじめとする為政者が発する伝達情報の球を、一つひとつ確かめるようにして、一つひとつに引っかかりをもつようにするのがのぞましい。細かいところに引っかかるようにする。野球で審判が、投手の投げる球を一つひとつ判定をするようにできればよい。いまのところ、そうした視点をとくに N◯K なんかはほとんどもっていないで、権力者である投手におもねり、ひれふして、おもんばかってしまっているのがなげかわしい。国民にとって益になるような視点をもつことはできていないのにもかかわらず、国民から受信料をとり立てることばかりに目を向けてしまっている。

広告を非表示にする

客体である物(対象)には決まったよさはないとすることができる(受けとる人しだいだとすることができる)

 物には決まったよさはない。中国の詩人の白楽天はそう言っているという。決まったよさがあるのではなくて、見る人によってちがってくる。

 西洋では、哲学者のスピノザは同じようなことを言っているそうだ。スピノザはエチカにおいて、あるものを受けとったときにおきる正や負の感情は、そのものには必ずしも原因はないのだとしている。受けとる人によるものである。

 よさや悪さというのは価値または負価値である。価値や負価値は、そのものにあるということは必ずしもできるものではない。たとえば日本という国があるとして、日本によさまたは悪さがあるとはいちがいには言うことはできない。人それぞれで受けとり方がちがってくるものである。

 客体(オブジェクト)である対象と、それを受けとる主体(サブジェクト)との関わりによって決まってくる。どちらが先だっているのかというと、客体である対象のほうではなくて、主体のほうだと言えるそうである。主体のほうが先だっていることにより、詩人の白楽天がいうように、物には決まったよさはない、といえることになる。

 主体よりも先だっているのが構造であるとする見かたが、構造論からするとなりたつ。主体を実体とするのではない。構造による効果であり、構造の一部分として主体があるとすることができる。構造というのはたとえば社会というのがある。思想家のカール・マルクスは、人間の意識はその社会によって規定される、と述べているという。

広告を非表示にする

おわびをするのであれば、誤解をまねいたとするのでは中途半端であり、もっとふみこんでわびたほうがよい(わび方がおかしい)

 赤坂自民亭の会合に出ていた内閣官房副長官は、自分のツイートが誤解をまねいたとしておわびのツイートをしていた。この官房副長官は、命を守る防災と危機管理という本を出しているそうである。

 ツイートで、誤解をまねいたというふうにしているが、あたかも受けとるほうがまちがっているだとか悪いだとかというようにするのは駄目だろう。誤解をするほうがまちがっているとか悪いとかというふうに響きかねない。そこから、色々なところから非難の声が投げかけられているようだ。

 官房副長官は、防災と危機管理という本を出しているのにもかかわらず、危機管理の点でいうと、三重に失敗しているのではないだろうか。まず、赤坂自民亭で楽しそうに酒食を共にしたり、それをソーシャル・ネットワーキング・サービスにのせてしまったりしたことが、あとからふり返れば誤りである。そのごに、自分たち(政権与党)の非はなかったかのようにして、自治体に責任を丸投げしてなすりつけようとしたことがある。

 その二つがあり、さらに、赤坂自民亭のもようのツイートについて、誤解をまねいたというふうにいうことで、あたかも受けとるほうがおかしいのだとでも言わんばかりのわび方をした。誤解をまねいたというのは、自分たちには悪気はなかったのだと言いたいのかもしれないが、はたから見れば、論点のごまかしと言えるだろう。官房副長官にかぎった話ではなく、会合に同じく出ていた首相や防衛相などにも言えることだが(むしろそちらのほうが責任は重いが)、きびしく見れば危機管理ができていないと言わざるをえない。

広告を非表示にする

自民亭の親ぼく会に出ていた政治家の人たちには、楽観による希望的観測や、正常性(日常性)の認知の歪みがはたらいていたと見なせる(防災と危機管理の本を出している内閣官房副長官には、とくに厳しい見かたを投げかけざるをえない)

 西日本でおきた豪雨では、まえもって気象庁が注意を呼びかけていた。政権をになう与党の政治家は、気象庁が呼びかけていた注意をきちんと受けとめて、重大な被害がおきかねないと予想していたのかというと、そうではなかったようである。

 政権をになう与党の政治家は、豪雨による被害のおそれを軽んじてしまっていたのがある。自由民主党の議員の一部は、自民亭という親ぼく会を開いていて、そこで和気あいあいと楽しそうに酒食を共にしていた。宴を開いていたのである。首相や防衛相や法相などが出席していた。ちなみに、法相においては、七人もの死刑囚の死刑を執行する前日でもあった。この死刑の執行には、西洋の国や国際機関から疑問の声がよせられて、制度の是正が呼びかけられている。

 自民亭の宴に参加していた一人である内閣官房副長官は、その宴の楽しそうなもようをソーシャル・ネットワーキング・サービスに写真とともにのせていた。この官房副長官は、命を守る防災と危機管理という本を出しているという。防災と危機管理の本を出しているわりには、防災や危機管理への意識が甘かったのだと言わざるをえない。

 自民亭の会に参加していた多くの議員の人たちと同じように、官房副長官は、豪雨の被害についておそらく楽観の希望的観測をとっていたのだろう。危機管理においては、楽観の希望的観測をもつのは危険なことであり、避けるようにしなければならない。なにしろ、防災と危機管理についての本を出しているくらいだから、それについての甘さがあったのをきびしめにふり返って見るのは必要なことだろう。

 官房副長官は、西日本に豪雨の被害がおきたあとで、こう述べている。気象庁が豪雨についての警戒を呼びかけていたのにもかかわらず大きな被害がおきてしまったことから、それぞれの自治体が政府の呼びかけにたいして、どう反応したかを検証していくことが大事である。官房副長官のこの発言は、自治体に責任を転嫁してしまっている。自分たちは自民亭の会をひらいて和気あいあいと酒食を楽しんでいながら、自分たちには何の落ち度もなかったのだとしてしまっている。この発言は個人としてはいただけない。

 自民亭の会に参加していた議員の一人である竹下亘氏は、豪雨についての想定が甘かったことを自分で認めて、どのような非難でも受けるつもりであると述べている。これだけの災害になるとは予想をしていなかったというふうにふり返っている。竹下氏のこの発言からは、率直なありようを見てとることができる。

 竹下氏に比べて、官房副長官は、防災と危機管理の本を出しているのにもかかわらず、おうじょうぎわが悪い。竹下氏のように、どんな非難でも受けるつもりだというのならまだしも、責任を自治体に丸投げしてなすりつけてしまっているのだから、しまつが悪い。危機管理という点においては、官房副長官は、二重に失敗をしているのだということができる。少なくとも、竹下氏のように、自分(たち)が非難を受けるいわれがあるとするのでなくては、当事者意識に欠けてしまっている。

広告を非表示にする

物をつくったり、実践をしたり、行動をしたりする人が、えらいのだとは必ずしも言うことはできない(中にはえらい人はいるのはたしかだけど、一般化することはできづらい)

 手を動かせ。物をつくれ。批評家になるな。ポジション(地位)をとったあとに批評をしろ。大学の准教授の人は、このようなことを言っているのだということが、新聞の記事に載っていた。のうがきをたれるよりも、手を動かして物をつくったほうがよいということだろう。批評家になるよりも、きちんとポジション(地位)を勝ち得るようにして、そのうえで批評をするのがよい。

 この大学の准教授の人が言っていることは、それなりに正しいとは思うのだけど、これとは逆のことを個人としてはよしとしてみたいのがある。いまの世の中は、物がありすぎるほどであるので、これ以上物をつくらなくてもよい。物が増えればごみになりかねない。ごみを増やすのはよいことではない。

 ポジション(地位)をとったあとに批評をするのだと、成功者バイアスのようになってしまう。しかるべきポジション(地位)をとった人でないと批評ができないのでは、開かれているとは言えそうにない。批評家にならないようにして、ポジション(地位)を勝ち得ることを優先させるのは、実行や行動に重きを置くことになるが、実行や行動をしないこともまた重要だ。実行や行動をすることでまちがったり失敗してしまったりすることは少なくないから、それに待ったをかけて立ち止まることには値うちがある。

 まっとうな人が、まっとうなポジション(地位)にいるのだと言えるのかというと、必ずしもそうとは言い切れそうにない。まっとうでない人が、上の地位に居座りつづけてしまうことがある。それによる害は、決してまれなことではない。よくあることだというのがある。上の地位にいる者に素直に従うことで益になるというのは、呼びかけに簡単に応じてしまっているのであり、隷属していることをあらわす。

 隷属してしまうのにあらがうためには、上の地位にいる者からの呼びかけに簡単に応じないようにして、たやすく信頼しないようにすることがいる。言っていることをうのみにしないようにして、いちおう疑うようにしたほうがよい。無批判になるのではなく、一つひとつをなるべく批判として受けとるようにして、批評して行くことがいる。

 日本では、言ったことが本当になるといった言霊の信仰があり、よくないことをあげつらって言挙(ことあ)げすることがうとんじられやすい。煙たがられるのがあり、言わないでよしとしてしまうことが少なくない。上の地位にいる者にきちんとした批判や批評が行なわれていず、野放しになってしまっている。これは堕落しているのにほかならない。いや堕落などしていない、という反論があるかもしれないが、そこについては、あえて堕落や退廃をしてしまっているのだと言いたいのがある。

 もっと人々が批評意識をもつことができて、さかんに批判や批評が行なわれれば、世の中は今よりもずっとよくなるのではないかなという気がする。もっと人々は権利の主張をしてよいのがあるし、現状のおかしいところやまちがっているところをどんどんと指し示すことができればよい。権利を主張するのは、特権をとるのとはちがうから、そこは区別することができるものである。権利としては、まっとうな労働条件や、まっとうな賃金の支払いや、必要にして十分な衣食住の基本の需要を満たすことなどがある。これらのことを求めるのは、のぞみすぎなものではないだろう。

 報道や表現の自由があるので、すでに十分すぎるほど批判や批評は言われているのがあるのだから、それで十分だという意見は言えるかもしれないが、個人としてはそこはかなり不十分なのではないかというのがある。遠慮させられて、黙らされてしまっているところがたぶんにある。社会的偏見(social bias)がはたらき、現実にむりやりに順応させられてしまう。画一の現実に追随させられる。順応主義(コンフォルミズム)および追随主義(ポジティヴィスムス)への転落となる。それにくわえて、個人にふりかかる負のできごとが自己責任にさせられてしまっているのがある。生きるうえで引きおこる危険が、個人化されてしまっていて、安全網がみなに公平になるようにはしっかりとははたらいていない。

広告を非表示にする

軍事よりも、自然災害の備えにお金や力を注いでほしいものである(軍事にまったくお金や力を注ぐなというわけではないが)

 災害に使う特殊車両で、全国に一台しかないものがある。それが水陸両用のレッド・サラマンダーと言われるものだそうだ。これは一台およそ一億円するものだという。これが日本にたった一台しかないのにもかかわらず、数百億円もする軍用機を何台も政府はアメリカなどから購入している(させられている)。

 軍事のことと自然災害のこととは、ちがったことがらであるから、一概にいっしょくたに論じられるものではないかもしれない。ちがうものだというのはあるが、個人としては、軍事にお金をかけるよりも、自然災害への事前の備えにお金を使ったほうがより効用が高いのだというのがある。そこは人によって判断が分かれるところではあるかもしれないが。

 軍事のことと自然災害のことでは、どちらかが大事だというよりは、どちらも大事だということは言えるだろう。どちらをより重んじるべきかということでは、自然災害への備えのほうをより重んじたほうがよいのだと見なしたい。自然災害は、地震であったり、集中豪雨であったりというかたちで、まずまちがいなく、日本のどこででもおきるものだからである。そのいっぽうで、軍事や防衛というのは、国民を守るとはいっても、じっさいには人を殺すための殺害生産力(の増強)にほかならない。武器の製造者や販売者は死の商人である。

 自然災害への備えに十分に力やお金を注ぐことは、国内の人々による需要のある公共政策だと見なせそうだが、それと政府がやりたいこと(供給)とが、かなりずれてしまっているのだというのがある。政府は自然災害よりも軍事のほうをより重んじていて、そこにお金や力を注いでいる。そうではないのだという反論もあるかもしれないが、それについては、政府が自然災害に最善の非の打ちどころのない努力をしているとはいえず(もっとできるはずである)、軍事のほうに傾いているのは否定することができづらい。

広告を非表示にする

車やバイクの走って行く音がうるさいので、何とかならないものだろうかという気がした

 バイクや車が走って行く音がうるさい。たんに、ふつうのバイクや車であるのならまだしも許せる。しかし、改造してあって、ふつうの車やバイクよりもよけいにうるさいので、許容するのができづらい。

 改造してある車やバイクが、一台だけ通ってゆくのならまだよい。しかしこれが何台もえんえんと走って行くのである。休日の日中の、車やバイクが走るのにうってつけの道路では、改造した車やバイクが大きな音をたてて、ひっきりなしに走って行く。

 経済学では、共有地の悲劇だとか、外部効果だとかというのがあるそうだけど、そうしたものがはたらいているのだと見なせる。たとえ改造してうるさくしてある車やバイクでも、一台だけならよいだろうと、みなが思っていれば、たくさんの車やバイクがそこにやって来ることになるから、共有地の悲劇がおきることになる。うるさい音というのは、市場でお金がやりとりされるものではないから、外部効果(外部不経済)がはたらく。外部性がある行為がうながされているのである。

 改造した車やバイクがたてるうるさい音というのは、人間の暴力性をあらわしていると見ることができる。大きな音には人は受動的にならざるをえない。必要にして最小の音であればまだ許容できるかもしれないけど、ほんらい必要のないようなよけいなうるさい音を、車やバイクを改造することによってたてているのだから、受け入れづらい。

 哲学者の中島義道氏は、うるさい日本の私ということで、日本では音がうるさいことが多いということを言っていたと思うけど、それについては同感の思いがする。うるさいということは、暴力的なことだというふうに言ってもまちがいではないだろう。そのことに鈍感になってしまうから、なおさらまずいものである。

広告を非表示にする

死刑の制度があっても、事件はおきてしまったのはあるから、犯罪の抑止にはならないとする欧州連合の指摘は当たっているところはある

 死刑囚の死刑が行なわれた。オウム真理教にかかわる人たちであり、そのなかには教祖だった人物も含まれている。七人の死刑囚の死刑が行なわれるのは異例だという。法務大臣は、慎重に検討を重ねたということを言っているが、いっぺんに七人もの死刑囚を死刑にするのは慎重だとは言いがたい。

 欧州連合(EU)は、日本でオウム真理教にかかわる人たちの死刑が行なわれたことを受けて、死刑への反対の声明を出したという。死刑には犯罪の抑止の効果がないし、えん罪になってしまうおそれがある。どのような状況のもとでも、極刑を行なうことには強く明白に反対するとしている。

 国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルも、日本で死刑が行なわれたことに反対の意を示している。司法には説明責任とともに、人権を尊重することが求められているといい、死刑は究極の人権の否定だとしている。

 欧州連合アムネスティ・インターナショナルの言っていることは絶対にまちがいなく正しいということはできないかもしれないが、日本で行なわれた死刑にたいする一つの批判になっているのはたしかだ。この批判にたいして、欧州ではテロの実行犯をその場で射殺するではないか、との非難が投げかけられていた。それについては、欧州は国家連合の形をとっていて、移民を多く受け入れているのもあるから、そういった事情をくみ入れることがいる。死刑とはやや異なっているものと見なせる。テロの実行犯をその場で射殺するのは、国家による暴力ではあるだろうけど。

 オウム真理教の地下鉄サリンなどの事件は、きわめて悪質なものであり、そうした事件に具体的に関わった人は、死刑になるのもいたしかたないというか、当然なところはあるだろう。そう見なせるのはあるが、死刑ということを(そこだけを)切りとって見ることができるとすると、国家が死刑囚を殺すということであり、これが許されるのかというのはある。国家が死刑囚を殺すのは殺人ではないのだろうか。これは、そこだけを切りとって見ればという話にすぎないものではあるが。

 欧州連合アムネスティ・インターナショナルによる声明は、人権というものを重んじた見かたになっている。人権というのが絶対に正しい真理だというわけではないかもしれないが、ゆるがせにすることのできない一つの重要な理念ではあるだろう。人権というのに加えて、国家というものを実体として見なすというよりは、社会契約説の文脈でとらえているのもある。社会契約説の文脈で国家を見なすことにより、人権の理念が重んじられるというのがある。

 社会契約説の文脈で見るとすると、たとえ国家から死刑を言いわたされた人(死刑囚)であったとしても、いざ死刑が行なわれることになり、国家から殺されそうになったら、その時点で、死刑にされる人と国家との社会契約は破れることになる。死刑にされる人が、ほんとうは無罪であり、えん罪であるかもしれないということも関わってくる。社会契約が破れるので、死刑にされる人は死刑をしようとする国家から逃げてもよいことになる。しかしじっさいには国家から逃げられるものではない。逃げるのが絶対に正しいかどうかは言い切ることはできないものではあるが。

広告を非表示にする