読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争の否定

 戦争を禁じることによる平和のありかたがある。このありかたは、あらためて見ると、ひと筋縄では行かないところがありそうだ。もし、ごく素直に、戦争を禁じるようにして、それで平和が築かれるのであれば、それに越したことはない。しかし、ことはそう単純には運びそうにないのもたしかである。

 なぜことがそう単純には運ばないのだろうか。ひとつには、戦争を禁じることへの、斥力(せきりょく)みたいなのがはたらくことによりそうだ。反発をまねく。戦争を禁じることが一つの極であるとすれば、それにたいしてもう一つの極ができあがる。これによって両極のありかたになるわけだ。

 戦争を禁じるのは、反戦の立場に立つのであれば、ごくあたり前のことである。そこに疑問をさしはさむところはとくに見あたりそうにない。そのうえで、たとえば、学校なんかで、子どもにたいして、自分たちの国は戦争を禁じています、と教えたとしよう。その教えを、子どもたちは素直に受けとるかもしれない。しかし問題は大人たちにあるだろう。これをまちがった洗脳教育だとしたり、時代錯誤だと見なすこともできるのである。

 戦争や、それにまつわることを禁じるのは、一つの極ではある。しかし、その極だけでは話は終わりそうにない。もう一つの極を生み出してしまう。これは、ある面では、人間のもつ尺度を超えたところにあるような、自然史的な過程といえるだろう。

 戦争というのは一つの蕩尽であり消尽であるとされる。そうであるわけだから、それにとって代わるような、別の蕩尽や消尽をすることで、それにいたるのを防ぎ止めることができるかもしれない。

 たとえば、食べるものにも困るような、物が不足した貧しい状況がある。そうしたときには、あんがい争いやいさかいというのはどこかで歯止めをかけられる面がある(明日への希望があれば)。貧しさの克服という大目標を、みんなで共有しやすいからである。そうしたからっぽの世界をなんとか克服して、物であふれたいっぱいの世界になると、記号がものを言うようになる。記号的な世間話がとり交わされ、負のしるしをもつ者がやたらに叩かれるようになってしまう。そこには歯止めがのぞめそうにない。記号による欲望には物理的な限度がないからだ。

 今はいっぱいの世界であるとして、そこからふたたびからっぽの世界に簡単に戻ることはできない話ではあるだろう。非現実的だ。そのうえで、そもそもからっぽの世界とは、いったい何を示唆しているのだろうか。それは一つには、からっぽであるがゆえの豊かさみたいなものであり、また逆に、いっぱいであるがゆえの貧しさといったことはありえそうだ。もし、いっぱいであるがゆえの貧しさを抱えているとすれば、よりいっそう今よりもいっぱいになろうとしても、たんに貧しさが加速するだけなのではないか。何か擬似的であったとしても、多少なりともからっぽになるための手だてがいるのかもしれない。その手だてとは、(たんなる消費ではないような)蕩尽や消尽としての消費ということになりそうだ。

広告を非表示にする

失言の一覧

 政権をになう人のあいだで、失言が目だつようになった。このツイートに一覧がのっていた。これは、安倍晋三首相が率いる政権の中枢に、たるみがおきてきている(ぶったるんできている)からだとの指摘がされている。たとえ失言とはゆかなくとも、強引な答弁をしてしまっているところも目につく。

 いまは政権の中枢にいるのかはわからないのだけど、石原伸晃氏の失言があった。じっさいにどういう文脈で使われたのかはよく知らないのだけど、金目でしょ、というものらしい。この金目でしょというフレーズは、そんなに悪くないような気がしてしまった。端的にものごとの本質をついているような気がする。予備校講師の林修氏の、(いつやるか)今でしょ、にも少し似ている。

広告を非表示にする

直接に抗議するために現地へおもむくべきか

 北朝鮮の国民の人たちは、いちじるしく人権が損なわれてしまっている。ゆえに、人権をよしとするのであれば、その人は、ただちに北朝鮮へ行き、自分の命をかけて人権を擁護する運動をするべきだ。独裁政権への反対をしにゆくのがふさわしい。この意見は、正直いって、痛いところをつかれたという気がする。

 痛いところをつかれたとは思えるのだけど、しかしこうも言えるのではないだろうか。たとえ、北朝鮮独裁政権へ抗議しに行くべきなのだとしても、それはあくまでも理想にとどまる話なのではないか。理想ではまったくもってそうだけど、現実はまたそれとはちがっていてもよい。これは理想と現実のずるい使い分けであり、ほめられたことではないのはたしかではある。

 理想を現実化することが理想ではあるだろうけど、いっぽうで現実というのは妥協の産物でもある。妥協することが必ずしも悪いとは言い切れない。これは言い訳にすぎないのはたしかだけど、言い訳をしている人に人権が与えられないというのではないのもたしかだ。くわえて、言い訳をしていたとしても、それと並行して、人権をよしとする主張をしてもかまわない。表現の自由があるわけだし、とくに公共の福祉に反するわけではなさそうだ。唯一の絶対正義であるかはともかく、正義の一つだとして訴えるのはありだろう。

 現実による直接行動をとるのもよい。しかし、そのさい、武力などの力を行使するのはあまり賛同できそうにない。力を行使するための大義名分として、他国の政府による(その国の国民への)人権侵害を正すのを持ち出すこともできる。この大義名分に、欺まんがまったくないとは言えないだろう。武力などの力というのはできるかぎり使わないに越したことはないわけだから、それを使うための建て前として人権を持ち出すことにはあまり賛成できない。武力などの力の行使は下策であり、話し合いなんかによる説得のほうが上策だという気がする。甘いことを語るなと言われるかもしれないが。

広告を非表示にする

夢の大きさの、論理とその作用

 夢を描くのはできるだけ大きいほうがよい。そのほうが、かりに 10割でなく、そこから差し引かれて 7割または 5割くらいしかかなわないとしても、もともと描かれたものが大きいのだから、受ける恩恵は大きい。

 ソフトバンクの社長の孫正義氏は、描いた夢の大きさが、おおむね比例するようにして現実に反映されると言っていた。大きければ大きく現実にはね返ってくるし、小さければ小さくしかはね返ってはこない。

 現実の皮肉さをふまえることもできる。大きな夢を描けば描くほど、それが反比例して現実に反映されてしまう。そして、小さければ小さいほど、それが正比例する。もしこんな法則がはたらいてしまうとすれば、凡人中の凡人であるあかしにほかならない。偉人は、大小によらず、一貫して正比例するのだろう。

 このように、凡人と偉人とを、まるで別な人間であるかのように分けてしまうのは、正しいとらえかたではない。同じ人間であるのだから、同じ法則がはたらいてしかるべきなのである。きっとはたらくはずなのだ。そうであるのなら、勇気づけられることはたしかである。しかし、期待とはうらはらに、一貫性のまるでない法則がはたらいたら、嫌だなあという気がした。

広告を非表示にする

計りがたい甚大さ

 あくまでも仮定の話として、大きな災害が首都圏の近くでおきたとする。そうであれば、それ以外のところでおきるのと比べて、被害がとても大きくなってしまう。これについては、必ずしもまちがったことを言っているわけではないかもしれない。たしかに、即物的に言えば、そうしたことは言えそうだ。しかし、言いあらわし方で角が立つというのがある。口言葉というのは、とりわけ難しいところがあるだろうし、まわりからの干渉がはたらく。

 国家主義に立つのであれば、国家の全体として、おきる被害の大きさができるだけ小さいほうがのぞましい。そうしたことは言えるわけだけど、国家主義が一番えらいわけではなく、正しいわけでもない。階級秩序(ヒエラルキー)みたいにして見てしまうと、主と従みたいにとらえてしまいかねないところがあやうい点である。重要度という点で見て、国家がその他(たとえば地方など)よりも抜きん出て優遇されるというのはちょっと賛同できない発想だ。

 全体の被害の額や数というのもたしかに無視できない要素ではあるが、その大小だけがすべてではない。大小だけが大事だと見なしてしまうと、生産中心主義におちいる。これは経済の量の論理である。しかし、そこからとり落とされてしまう、質の問題もある。たった一人の悲劇や不幸だったとしても、軽んじられてよいものではないだろう。偽善に響くかもしれないが、質という点でふまえたら、量のいかんによってできごとを相対化することはできない。

 国家のレベルで被害を少なくしたいのであれば、あらかじめ首都機能を分散させておくのがよいのではないか。首都機能が一部分に過度に集中していると、効率がよいことはあるが、そのいっぽうでいざというときにぜい弱さをもつことになってしまう。そこは、首都に過度にものごとが蓄積されてしまうのを、何とかして改めることがいるだろう。そもそもはじめからやる気がないのかもしれないが、そのままで放っておくと、都市の過剰さがもたらす危険さを解消できない。

 失言とはいっても、発言の中の一部を意図的に切り取るようにしてあげつらうのは、場合によっては、ちょっとちがうところがあるかもしれない。それを考慮に入れることはいるだろうけど、それとは別に、心にも思ってもいないことは、なかなか口から言葉としては出てきづらいのもいなめない。ついうっかりというのはあるわけだけど、受けとるほうとしては、どうしても、心でそう思っているから、問題のあることを言うのだろう、と見てしまう面があるのもたしかである。

 ぽろっとこぼれた細部みたいなところに、本質が宿ってしまうといった面もあるのではないか。あまりに強引な一部の切り取りは報道する方にも問題があるにしても、いっぽうで、あまり気にとめづらい細部に、意外な無意識があらわれ出てしまうといううらみもなくはない。そこは、その発言の中で何を言いたかったのかという中心の動機と照らし合わせて、その動機にもまずいところがあるのであれば、たんなる重箱の隅つつきであるとは言えそうにない。

広告を非表示にする

駄目なものとよいもの

 駄目なものは駄目、というのは必ずしも駄目ではないのだろう。それと似たように、よいものはよい、というのは必ずしもよくはないといえる。

広告を非表示にする

前望的に立ち止まる

 日本のテレビドラマのありかたに、もの申す。デーブ・スペクター氏は、海外のさまざまなテレビドラマと比べて、日本のものはそれと質的に肩を並べるにいたってはいないとしている。なので、一度すべてのドラマを、2年間ほど、テレビで流すのを一切とりやめるようにする、大胆な決断をするべきだ。そしてそのとりやめている 2年間のあいだに、海外のすぐれたドラマからよいところを吸収して、学習する。そうすれば、質の高いものを生み出すことができるようになる。

 デーブ氏のこの意見の投げかけは、個人的には賛同できるものである。とはいえ、じっさいに実行するのは難しそうである。日本のテレビドラマをおもしろく楽しんでいる人もいるわけで、それは視聴率に反映されるものだろう。視聴率がとれているということは、商売として成り立っていることになる。最低限のハードルはクリアしているわけで、さしせまった危機の感覚はもちづらい。とりあえず動きつづけているのであれば、それをもってして安心できるところもある。静止することへの不安もある。

 海外と比べて、その優れたものと質的に肩を並べるにはいたっておらず、くわえて視聴者を無視して配役などを決めてしまっている面もある。こうした問題点が日本のテレビドラマにはあるらしい。あまり日本のテレビドラマばかりを責めるのは酷ではあるが、これはドラマにかぎらず、他のものにも当てはまることではないかという気がする。

 経営という観点でいえば、今はこのようになってしまっているのではないか。あるものについて、満足している人たちと、不満をもっている人たちとが、分裂してしまっている。満足している人たちだけで成り立っている小世界がある。いっぽう、不満をもっている人たちは、どこか別なところに行ったりするので、その声が反映されづらい。不満の声があまり反映されないので、小世界において、経営の決定的な危機というまでにはいたらない。

 進化という視点がいちじるしく欠けてしまっているような気がする。個人的には、進化してゆくべきだというよりも、むしろそうしてゆかなければならない(ゆこうとしなければならない)、というふうに見なしたい。なので、できるだけ、高次学習の機会を進んでもつようにしたい。そうでないと、同じことのくり返しにおちいる。いずれ立ち行かなくなる。知らずうちに、ずるずると後退していってしまう。

 何でもかんでも進化すればよいのかといえば、そういうわけではないだろう。たとえば文化なんかでは、保守的な姿勢のほうがよいこともあるのはまちがいない。そこは価値のもち方において、何を変えないで残すのかにこそ価値があるものもあるだろう。見きわめをすることがいる。

 そうした部分もあるが、万物は流転する、というのも言われている。人間の体では、日々細胞が入れ替わっている。1年くらい経てば、骨なんかをふくめて、すべての体の成分が入れ替わるらしい。そうしたことをふまえると、何か変わっていったり、ひとところにとどまらないようにしてゆくことが、ひいては自由につながるのではないか。

 別にひとところにとどまりつづけてもそれはそれでよいわけだけど、たとえば定住というありかたについても、それが人間の本質というわけではない。むしろ動くところに本質があるとすらいえる。なので、進化せずに停滞するようだと、不自由になるという面もあるのではないか。あくまでも理想ではあるが、そこについては、弁証法的に止揚(アウフヘーベン)みたいなのができればよさそうだ。

 先において、えらそうに進化をするべきだなどと言ってしまったわけだけど、これは個人の奮起をうながしたいがためのものではない。個人の奮起というのは、すでにいたるところでなされているものだという気がする。また、進化にとり残されるなだとか、時流に乗り遅れるな、と言いたいのでもない。そうではなくて、現状追随主義(ポジティビスムス)でないふうにできたらよい。ポジによるだけでなく、ネガによる視点に立ち、現状の批判を積極的にやってゆくようにする。

 他の国なんかから、そのよいところをどんどん学んで、うまくとり入れられたらよさそうである。現状のありかたというものに、必ずしもこだわらなくなれればのぞましい。そういうふうにして、ビビンバ的な、雑種的(ハイブリッド)なありかたがとれたほうが、行き詰まるのを少しは防げそうだ。

広告を非表示にする

戦争のできない国は危ないのか

 戦争のできない国は、危険である。この意見ははたしてほんとうなのだろうか。この意見が書かれた記事があったんだけど、それを最初から最後まで見たわけではないから、正確なことはいえそうにない(有料記事だったので)。おそらく、題名から察すると、戦争のできない国は危険だから、戦争のできる国にしたほうがよい、といったことなのだろう。もしこの結論であるとすれば、それにたいして反論してみたい気がする。

 戦争のできない国には、利点がある。そのように見なしたい。というのも、それはコミットメントの効果がはたらくからである。この対他的な確約は、有言実行みたいなものであるとされる。あらかじめ、日本は戦争をしません、と明言しておけば、それを他の国が前もって知ることができる。日本は戦争をする気がないんだな、ということを前提として、つき合いをすることができる。

 この戦争をしないというコミットメントは、贈与の効果をもっていそうだ。他の国にたいして、戦争をしないという贈与をすることになる。これを他の国はこばむことはできない。したがって、何らかのかたちで対抗贈与をすることになる。もちろん、絶対にするとは言い切れないわけだけど、贈与されたままで、返礼しないでいるのは決して快いものではない。他に負い目をもたせる効果があるわけだ。

 こちらが無防備なのをよいことに、出し抜くようなかたちで相手にしてやられることも、ありえないことではない。生き馬の目を抜くような国際関係というのもありえる。お人好しであれば、馬鹿を見たり損をしたりしかねない。そういったおそれもある。しかしこれは、どちらかというと性悪説の側に立ちすぎな気がする。もうちょっと性善説の側に立って見ることもできるのではないか。

 少なくとも、戦争をしないというコミットメント自体は、非の打ちどころがないような、善いものではあるだろう。もちろん、これは見かたによっては、けしからんものであるとしたり、(そそのかされているなどとして)悪いものであるとしたりすることもできる。そのうえで、かりにこのコミットメントそのものは(平和的であるという点において)善いものであると仮定すると、このコミットメントを行っている日本という国は、少なくともその点においては善いありかたをとっているのかなと感じる。

 あまり確証があるわけではないから、説得力に欠けるかもしれないが、正直いって、わざわざ日本を何らかのかたちで攻めてこようとするような国は、ちょっと想像しづらいような気がする。いやそれはまちがったふうに想像しているだけだ、との非難を受けるかもしれず、その非難は(自分で言うのもなんだが)正しいおそれがある。底が浅いだけかもしれない。そのうえで、日本以外の他国は、日本をわざわざ攻めてこようとする動機や誘因(インセンティブ)をそんなに強くはもっていそうにないと個人的にはとらえている。総合すると、利が薄いのではないか。

 人や集団は基本として誘因にもとづいて動くという説をふまえれば、誘因が弱いのだから、(絶対にとは言えないにせよ)攻めてはきづらいのではないか、という気がする。思いちがいもはなはだしいだとか、無責任きわまりないだとか言われてしまうかもしれないが。

 物理的な防衛という点でいえば、自衛隊がいるし、個別的自衛権で対応することができる。これでこと足れりとせずに、さらに拡大しようとして、集団的自衛権なんかをやってしまうと、かえって逆効果になりかねない。いざというさいに、誰がいちばん命の危険にさらされるかということで、その危険な目にあうおそれのある人の志気の問題は決して無視できない。むりやりに志気を出すことはできないのではないか。欺まんもはなはだしいかもしれないが、できるだけ現場の人の志気が保てるようなありかたがのぞましい。それは、できるだけ身の危険にさらされないようにするということである。

広告を非表示にする

お金を使わないようにする案

 みんなが 1日 100円ずつお金を使うのを節約する。そうすれば、経済指標が悪くなり、いまの政権を倒すことができる。こうした意見があって、それが批判を受けていた。たんに見ていただけなので、とり上げるのはちょっと卑怯かもしれないが、どこがいけなかったのだろうか。

 まず、いまの政権を倒すことに価値を見いだしている人は特定の数はいるのはまちがいない。しかしそれ以外の人も少なからずいることもたしかだろう。なので、この話に乗ろうとする人ばかりではない。ウェブは不特定多数の人がいるので、特定(多もしくは少)数に理解してもらえることでも、全体に向けて協力を募ってしまうと、とうぜんのことながら、非協力な人が生じてしまう。

 お金を 1日 100円よけいに使おうといっているのではなく、使わないようにしようと言っているのだから、みんなの賛同をあるていど得やすいとも想定できる。しかし、100円お金を使わないようにしようというのは、我慢しようというのを意味するから、そこがあらためて見ると印象が悪い。なぜわざわざそんなことをしないといけないのか、との不満が生じる。

 経済指標というのは、それが悪くなってしまうよりも、よくなるにこしたことはない。たとえ雰囲気だけであるにせよ、悪いよりはよいほうが気分もどことなくよい。たとえ富のこぼれ落ちがないのだとしても、それがあるかのようなつかの間の幻想を抱けるのもある。経済指標というのは、公に属することであり、それは私よりも優先される。公は世間といってもよく、世間に楯突くことは許されるものではない。そうした空気を無視せずに読むことが、波風を立てないためにはいるのかもしれない。

 お金を 1日 100円使わないようにすれば、経済指標がもろもろ悪くなって、いまの政権を倒すことができる。これは発想としては線的である。最後の審判が下されるみたいなふうだ。いまの政権が倒れて、そのごに、少なくとも今までよりはのぞましく、よりよいありようになることをのぞんでいる。とはいっても、そこに確実性は必ずしもないわけだけど。こうした線の発想よりも、どちらかというと円によるような、循環的な、今さえよければみたいなものが好まれていそうだ。

広告を非表示にする

条件つきではないものの必要性

 傾向性か義務か。傾向性というのは、自分の利害だとか感情の傾きなんかをさすという。そういう自分の思わくではなくて、そうしたものから切り離されたものが義務であるとされる。この義務というのは、条件的なものではなく、無条件的なものである。条件的というのは、たとえば、自分に有利になるから決まりを守ろう、だとかいうことである。そうした頭(または心)での計算によらないあり方が、無条件的なありようだ。たんに守る、みたいなふうである。

 なぜ、傾向性をよしとせず、義務をよしとしたのだろうか。または、仮言(条件)命法をよしとせず、定言(無条件)命法をよしとしたのだろうか。専門家ではなく、あくまでも生半可で中途半端な素人だから、かんちがいをしているおそれが高い。そのうえで、哲学者のカントがこうしたことを説いたそうなんだけど、あらためて見ると、すごいことだなあと感じたのである。

 そのすごいなあと感じた点は、相対主義にかかわっている。義務をよしとして、定言命法をとる。それは、傾向性を退け、仮言命法をよしとしないことだ。こうしたありかたをとるのは現実にはひどく難しいだろうが、もしそれができれば、相対主義のあまりにも不毛な悪循環を断ち切ることができるのではないかという気がする。十把一からげではなく、なかにはよい相対主義もまちがいなくあるだろうけど、何でもありみたいなふうになってしまうといささかまずい。

 たとえば、それぞれの傾向性をよしとしようではないか、との主張が成り立つ。あるいは、それぞれの仮言命法をよしとしようではないか、との主張も成り立つだろう。こうなってしまうと、極端には、悪い相対主義におちいらざるをえない。そこから、詭弁が巷にはびこってしまうようになる。お前には言われたくはない、みたいなことだ。詭弁が巷に広くはびこってしまえば、収拾がつかないような事態になってしまいかねない。

 とらえ方がもしかすると間違っているかもしれないのだけど、たとえば人権なんかを見るにしても、そこには無条件的なところがある。生まれながらの自然的権利であるためである。しかし、こうした自然権を、相対化または無化してしまうこともできる。あるいは、権力に都合がよいように、支配と被支配の図式を隠ぺいするような形で用いられてしまう。

 人権をいたずらにふりかざして話をしてしまっているとすれば、それはまことに申しわけないのだけど、なぜそれを持ち出すのかといえば、自然権である人権は、条件的なものではないからである。無条件的なものであると言ってよい。であるから、なにか条件をつけて、それを満たしていないから、侵害してもよいということにはならない。

 そうはいっても、絶対に批判や非難も何もしてはならないというわけではないだろうが、まったくのゼロにはならないというのが味噌である。きれいな手(クリーン・ハンズ)の原則が適用されないわけだ。こう言うのはなんだが、汚い手の人(汚い手と見なされている人)にもきちんと権利がある。というより、多かれ少なかれ、何らかのかたちで皆の手は汚れていると言ってもよい。暴力性や攻撃性は、人間がこの世に存在するかぎりついてまわる(悟りに達した人を除いて)。こうして見てみれば、相対主義の詭弁みたいなのを封じられることが若干のぞめるけど、しかしじっさいにはあまりうまくは行かないかもしれない。

広告を非表示にする