駄目なものとよいもの

 駄目なものは駄目、というのは必ずしも駄目ではないのだろう。それと似たように、よいものはよい、というのは必ずしもよくはないといえる。

広告を非表示にする