スキャンダルの解釈

 スキャンダルには、重要度のちがいがある。そのちがいを取りちがえてはいけない。そうしたふうにも言えるだろうけど、別の見かたもできる。文学作品には、主題とつじつま(整合性)と細部、という 3要素があるそうなんだけど、これはスキャンダルについても当てはまるところがありそう。この 3つの要素がもしきちんと見いだせるのであれば、そこには何か特別なサムシングがある。こうした面白がりかたは、不謹慎ではあるかもしれないが。

広告を非表示にする