おでんと社会性

 売りもののおでんを指でつんつんする。ウェブにそのもようを映した動画をあげていて、それが知られて警察に捕まった男性がいるという。逮捕された人の母親は取材のなかで、世間にたいして迷惑をかけてすまないとする気持ちを述べていたようだ。くわえて、息子について、あの子はアホだから、と言っていたのが正直ちょっとだけ面白いと感じてしまった。

 男性には奥さんもいて、取材にたいして、はじめはちょっとした面白半分の気持ちだったのが、しだいに深みにはまってしまったのだろう、とする趣旨のことを言っていた。いまは別居中らしいのだけど、少なくとも結婚ができるくらいの社会性は身につけていたといえる。それでなんで社会性を欠いたことをやってしまったのかは少し謎だ。

 お店にたいする営業妨害にあたるし、悪い印象がつくと買いづらくなる。程度が低いうえに、まったく必要のない、余計なことをやってくれたものだという害の部分はいなめない。そのいっぽうで、この冬の寒い時期だから、温かいおでんが食べたくなってくるところもある。

 おでんをだしに使って、皆んなから注目を浴びようとするのはやめてほしいものである。食べるためにならよいけど、おもちゃにするのは慎んでほしい。そういうところで独創性を出すのではなくて、ほかの益になるような方向性に力をむけてくれればさいわいだ。

広告を非表示にする